週休3日制になるかも♪でもうれしいことばかりじゃない・・・ - 在宅ワークで生活費を稼ぎましょう♪お金を稼ぐ方法やコツ

週休3日制になるかも♪でもうれしいことばかりじゃない・・・

なかなか面白いニュースが話題になっていますね^^

文部科学省が、来る東京オリンピックに向けて、「週休3日制」にすることを掲げてるそうなんです。

休みが増えるのは、うれしいですね♪

でも、このような内容が本当に実現できるのでしょうか?

しかも、働いている方は、そんなに休んでしまっても給料は大丈夫んなんでしょうか?


時給制のお仕事をしている方にも参考になるようにちょっといろいろと調べてみましたので、ぜひご覧くださいね^^

週休3日制の国はあるの?


そもそも、週に3日も休んでも成り立っているような国はあるんでしょうか?

実例が無ければ、単なる夢物語ですからね。


調べたら出てきましたよ^^

なんと「オランダ」が週休3日制を導入しているそうです。

しかも、国民1人あたりのGDPは世界10位!

女性の方も約70%が働いているそうです。

オランダが成功できているのは


オランダは、日本に比べると約半分の時間しか働いていない計算ですが、日本と大きな違いが!!!

パートタイマーの時給 = 約2000円

私たち日本の約2倍もの金額ですよ(−−〆)


しかも、セーフティネットもきちんと機能しているようで、解雇というのはあんまりされることはなく、給料が減額された場合、国から援助が出るようなんですよ。


うお〜〜〜

羨ましいですね。

日本もこれくらい時給が上がれば、在宅ワークをやるよりもパートをした方が稼げますからね。

そんなことしたら、多くの中小企業は倒産するかもしれませんけどね(−−〆)


週休3日制のデメリットは?


とっても羨ましい、オランダの週休3日制ですが、日本ならどうなんでしょうか?

単純に考えると、デメリットの方が多いように感じます。

休みは増えれば、それだけ労働時間も減りますよね?

労働時間の減少 = 時給制の労働者の収入減少

ですからね。


仮に、国から何の補助もなしで労働時間だけが減ることになれば、1か月で数万円はマイナスになってしまいます(>_<)

元を取るためには、休日に他のパートを探したり、1日の労働時間を延ばしたりですからね。


学生なら、1日の授業時間が7〜8時間に?

休みが多くなる半面、デメリットを考えると喜んでばかりいられませんね。

しかも消費税も増税と出費はどんどん増えるのに、収入はどんどん減っていくといった負のスパイラルに(>_<)

まとめ


週休3日制は、もろ刃の剣ですかね。

休日が増えて精神的にゆとりができる時間が増える半面、1か月の収入は激減・・・

また、今までの日本の労働環境を振り返ってみると、残業代ゼロ法案が適用されれば、さらにブラック企業が増えるのでは?という懸念もあります。

残業代が無ければ、それだけ人件費の節約ができますから、ブラック企業の経営者は大喜びですね。

月給制のお仕事をしている方ならまだしも、パートやバイトをしている方たちにとっては死活問題になりかねません。

その辺りも、政治家の方たちにはしっかりと議論してほしいですね。


ブログランキングに参加してます。
参考になりましたら、応援よろしくお願いします(^O^)/
 ↓   ↓   ↓


在宅ワークで生活費を稼ぎましょう♪お金を稼ぐ方法やコツ トップページへ


フリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー