マイナンバー制度で銀行預金がバレル?在宅ワークの注意点 - 在宅ワークで生活費を稼ぎましょう♪お金を稼ぐ方法やコツ

マイナンバー制度で銀行預金がバレル?在宅ワークの注意点

ニュースなどでも取り上げられている「マイナンバー制度」をあなたは知っていますか?

マイナンバー制度とは、住民票を有するすべての方に1人1つの番号を付して、社会保障や税金、災害対策などで効率よく情報を収集して、複数の機関に存在する個人情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。(内閣官房より抜粋)

あんまりよく分からない方もいると思いますが、今回は、

マイナンバー制度で銀行預金がバレル?在宅ワークの注意点

についてお話ししていきます^^

もうすぐスタートする制度なので、簡単な知識だけでも持っておきましょう。

asian-413122_640.jpg

マイナンバー制度はもうすぐ始まるよ


マイナンバー制度は、2015年10月からスタートします。

マイナンバーは、お住まいの市町村から通知され、国民一人一人に対して通知される個人番号になります。

番号は変更することはできず、一生使っていく番号になるわけですね。


そんなマイナンバー制度のメリットといったら、

・住民票や転居届などの行政手続きが簡単になる
・データの紹介ミスがなくなる
・人件費などコスト削減できる

ことです。

また、私たち個人としてのメリットは、サラリーマンなら年末調整や印鑑登録、医療保険、確定申告、年金などいろいろなところで使用していきます。

そして、「あなたの預金口座でどれだけの収入があるかも分かってしまう」ので、脱税や年金の不正受給もバレてしまうということです(−−〆)

政治家の口座もしっかりとチェックして、差別が内容にしてほしいですね^^


マイナンバー制度でも会社には副業はバレないぞ


すべてが番号で分かってしまうので、副業をしていることが会社にバレてしまうかと不安になる方もいるのでは?

でも、ご安心を♪

マイナンバーは、社会保障や税、災害対策の手続きのために、国や地方公共団体、勤務先、金融機関、年金、医療保険者などに提供されるものです。

こうした法律で定められた目的以外に他人のナンバーを提供することはありません。

としっかりと明記されてます。


ですから住民税に関して確定申告するときには「普通徴収」を選択していれば、まあ大丈夫でしょう。


このマイナンバー制度はメリットもあるんですが、デメリットの方が大きいような気もします。

それは、私たち個人の細かい情報がたんまり入っている番号なので、万が一にも第3者にバレてしまったら悪用される危険性が非常に高いからです。

とってもデンジャラスな番号を配布してくると考えるようにしましょう。


在宅ワークや副業をしている方はしっかり納税も


20万円以下の副収入であっても確定申告が必要なケースもあるため、必要経費などはしっかりとメモして置くようにしましょう。

税金の納付は法律で義務付けられています。

ですから、税金を納税しないと税務署から通知が送られてきます。

しっかりと支払わないと、捕まっちゃうのでご注意ください。


まとめ


マイナンバー制度は、会社にバレる心配はほとんどありませんけど、税金に関してはしっかりと自分で把握していく必要があります。

ナンバーの使用開始は2016年1月ですから、今からしっかりと準備をしておいてくださいね。


当サイト一押しのポイントサイトは、モッピーです。

会員数が500万人を超える人気急上昇サイトで、記事作成など在宅ワークやネットショッピングでポイント還元といった方法で、現金や電子マネーに交換することができるポイントを貯めることができます♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピーの詳細・評判


モッピーと併せて使いたい便利なサイトは、げん玉です。

会員数400万人以上で、記事作成やネットショッピングとモッピーとおんなじように使うことができます。

当サイトからげん玉に無料登録すると250pt貰えてお得にスタートできますよ♪

げん玉の詳細・評判


ブログランキングに参加してます。
参考になりましたら、応援よろしくお願いします(^O^)/
 ↓   ↓   ↓


在宅ワークで生活費を稼ぎましょう♪お金を稼ぐ方法やコツ トップページへ


フリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー